日本郵船やテイツーの仕手株について

仕手株で上がってくる利益は非常に大きなものがあります。このため、仕手株で利益を手にした投資家は中毒にもなる人がいます。通常の株式では、業績が期待できる株式を安いうちに購入しておいて、業績がよくなってくれば配当が増額される期待などから、株価は上昇し、高くなったとこで売却して、利益を確保します。通常の取引であれば、値動きもゆっくりした展開となり、利益を手にするのに時間がかかります。
しかし、仕手株は、もともとが株式市場での発行株式数量が少ないことから、業績も期待できないことから、株価も低く、株式を買い集めることで、株価は急激に上昇します。
仕手株は、もともとが仕手株ではなく、仕手筋と呼ばれる集団が、株式市場で条件に見合う株式を物色して選んでいるのです。株価が低いうちに仕込み始め、徐々に株価を上げ始め、一般投資家を呼び込みはじめます、一般投資家が買い始めると更に株価は上昇し、その上昇スピードも加速していきます。こうなってくると買いが買いを呼び込み、急激な上昇を始めます。株価が二倍三倍以上の上昇をするため、仕手筋は一般投資家が気付かないうちに、仕込んだ株式すべてを売却しているので、株価がマックスを迎える前に、多額の利益を手に入れています。
しかし、一般投資家は仕手株であることを知らないため、マックスを迎えた後にも購入する投資家もいるので、下がり始めると一気に下がるので、損失を抱える投資家も少なくないのです。
過去に、日本郵船やテイツーが仕手株であったかどうか分からないですが、業績に見合わない株価の場合には、仕手株になっている可能性が高いので、こうした疑いがある場合には売買は控えたほうがいいといえます。