仕手株と株価の関係について

仕手株と言うものは仕手筋と呼ばれるプロの集団が圧倒的な資金力を使って株価を思い通りに動かしている株式のことを意味する言葉です。これと言って業績も良くない株式の株価が急騰し、買いが買いを呼ぶ状況になってから一気に空売りを仕掛ける様な動きをするのが仕手株の手口であり、急に始まった仕手株による株価の急上昇に乗り遅れないようにしようと集まった個人投資家の資金を食い物にして利益を上げようとする行動です。
この流れに上手に乗ることが出来れば短期で利益を上げることもできるかもしれませんが、一般的には失敗するリスクが非常に大きな取引であると言えるでしょう。仕手株の場合には重要な株価の決定権が仕手筋に握られている様な状況であり、運が良いか悪いかが仕手株で利益を上げることが出来るかどうかの瀬戸際であると言えるでしょう。仕手筋は個人投資家の心理を良く考えており、思わず手を出したくなる相場を演出しているのが一般的です。その様な手段を駆使してきますので、その中で上手に立ち回るのは至難の業であると言えるでしょう。手を出せばもうかりそうな相場の中に飛び込まずにいることが出来る自制心がなければ負けることになるでしょう。
そんな仕手株を見抜くのはそれほど難しいことではありません。小型の株式であり特に業績も良くない企業の株価が急騰した場合などは怪しいと疑ってかかるべきでしょう。株式取引は投資ですが、仕手筋の行っていることは投資ではなくギャンブルの誘いの様なものです。長期的に利益が出ると考えられる根拠がないのであればその様な鳥日にはどんなに魅力に感じても手を出すべきではないでしょう。マネーゲームをしたい場合を除き、手を出すべきではないのです。