井村屋の株が仕手株かどうかはメッセージに注意

仕手株の特徴は、株価が有る時期から急激に上昇することです。そしてある程度上がり切った段階で一斉に売りに転じ急激に加工してしまうことに特徴があります。その為株の常識である上がり始めたときに買うといった事が逆に損をしてしまう要因となってしまうのです。
通常の株の見極め方を考えたときには、数日株価を見ていて徐々に上がってきた段階で購入することで、その株がさらに上昇した場合にタイミングを見極めて売ることで差益を得ることができるものです。しかし、仕手株の場合にはそのスピードが速すぎること、また下降するタイミングが早朝であったり市場の取引寸前であることが多いため、一般の投資家はなかなか追従できずに損をすることになってしまうのが一般的です。その為仕手株については一見短期間で高い利益を得ることができそうなイメージが有りますが、計画的に行われているため波に乗り切れない部分も多く、一般投資家は手を出さない方が良いと言われています。
井村屋株は春ごろから株価が徐々に上昇傾向にあり、そのスピードは緩やかなものの安定して高値更新を続けています。このような状態は仕手株にされたのではないかと不安がる人もいますが、企業の業績を考えれば妥当とも言える上がり方でもあり、判断に苦しむ状態でもあります。
このような場合には企業が発信するメッセージにも十分注目したいものです。株価上昇のタイミングで新商品が発表されていたり、また何らかの企業体質の変化が発表されたタイミングで変化している場合には通常の上昇と見ることができます。しかし、こういった企業のメッセーヒが無い状態で株価が上昇している場合には、仕手株にされ動いているという疑いも持つ必要があります。この場合仕手株の疑いが晴れるまではその銘柄に対しては過剰な投資を控え、リスクを出来るだけ減らすことを考えるのが重要です。