マザーズから東証一部に移るとは信頼の証

マザーズから東証一部に移るとは企業としての評価が高まることと同じことであり、信頼性が増すことにも繋がります。
そのため、このような企業というのは安定した実績があると考えられ、仕手株などの手にもかかりづらいものとなるのです。
株式投資を行っていると、ある時突如として株価が吹き上がる仕手株を見かけることがありますが、仕手株というのは東証一部に昇格するような銘柄ではなく逆に上場廃止になるようなおそれがある銘柄が狙われることが多いものとなっています。

その理由としてはいくつかありますが、まずこのような業績が不信で株価が低迷している企業というのは株価の吊り上げが行い易いため、資金力のある仕手筋は安値で株を買い集め次に株価を自ら吊り上げ高値で売りつけるという手法を取ることができます。
しかし、東証一部に上場するような規模の大きな企業だと肝心の株価の吊り上げが難しいものとなってしまうため、仕手株として狙われにくいものとなっているのです。

そのため、上場が噂される郵便局などは非常に規模が大きいものであるため、どれだけ資金力のある仕手筋であったとしても、株価の釣り上げというのは容易なものではないため、仕手株として狙われにくいものとなっています。
またすでに上場済みである長府製作所にしても同様であり、このような企業は株価の操作が難しいため仕手株にはなりにくいものとなっているのです。

仕手株になりやすい銘柄というのは、仕手筋が自由に株価をコントロールすることができる銘柄であるため、逆にコントロールが難しいような銘柄を選んで投資をすれば、仕手戦に巻き込まれるという心配はないので安心してそして安定した取引を行うことができるのです。