仕手株に惑わされないようにしよう

株をやっていく上で注意が必要なのが、仕手株と呼ばれるものです。これは仕手筋と呼ばれるヘッジファンドのような資金力が豊富な特定の集団によって株価操作をされている銘柄のことを言います。彼らは大量な資金を元に、仕手株を大量に買ったり、逆に売ったりします。なぜそのようなことをするのかというと、大量に買えば、今は買い時だという好印象を市場に与えることができます。それでによって株価は高くなり、彼らは程よいところで売りを入れて利益を得ようとします。

逆に大量に売りこめば、市場に売りだとパニックを起こさせる効果があり、多くの個人投資家などが慌てて売ったところを、買いこんで利益を得ようとします。つまり、実際の正常な株取引ではなく、恣意的に株の取引を行うことで、一般投資家を誘い込む戦略なのです。このような仕手株による売買が行われると、株価の急騰や急落が起きやすくなります。しかし、それは一時的なことであり、どこかで株価は正常な位置に戻りますので慌てないことが肝心です。

仕手筋の特徴は、資金量が豊富であること以外に、情報量が豊富であることがあります。そのために無暗に株価操作を仕掛けてくるのではなく、何か不安をあおる情報や好景気を匂わせる情報をいち早くキャッチし、それを元に仕掛けてきます。だから、個人投資家も根も葉もないことではないと慌ててしまうのです。しかし、実際の企業の業績とは違いますし、その情報も一時的だったり、それほど大きく動くほどの情報ではないことがほとんどです。どこまで耐えられるかにもかかっていますが、心理戦に負けないように、どの時点で買い、どの時点で売るのかという、自分の売買スタイルを確立しておくことが大切です。

■仕手株を攻略したいなら
うまく仕手株で稼ぐ方法とは?